ビジネスプロフェッショナル養成スクール

■講師ご挨拶

米国では、経営者や経営幹部などのマネジメント層が、ビジネススクールにおいて、時代にマッチした新たなビジネス手法を徹底的に学び、それを企業内で実践しています。米国経済の多様性、そして優秀な起業家の絶え間ない出現は、この最先端のビジネス手法を学ぶ仕組みが整備されていることが主要因と言っても過言ではありません。

残念ながら、日本では経営者や経営幹部などのマネジメント層に対する教育環境は、米国ほど充実しているとは言えないのが実情です。幸いにも、私は20代の頃、米国で最先端のビジネス手法を学ぶ機会に恵まれ、ビジネス実務に大いに活用してまいりました。日本に帰国後、より日本の企業風土にマッチした形で、私の経験とノウハウを伝えるべく、ビジネススクールを開校し、これまでに700名以上の卒業生を輩出してまいりました。

当スクールは企業においてマネジメントを担う人材を対象に、ビジネスマネジメントの「理論の習得」と「企業内での即実践」にフォーカスを当てた実践的なビジネススクールです。さらに、当スクールにはオブザーバーとして愛知大学の大学生も受講します。彼らは論理的思考力、創造力、若い発想力を持っており、企業の皆様とのチームワーキングでのコラボレーションが期待でき、既に各方面から画期的な取組として大きな注目をいただいています。ぜひとも、当スクールへの参加をご検討ください。

ビジネスプロフェッショナル養成スクール講師
江面 集三

<教育目標>
自ら考え行動できる人材の育成

■特徴 1

<実績のあるカリキュラムを採用!>

ビジネスプロフェッショナル養成スクールは2015年に初開催された、新しい取組です。当スクールのカリキュラムは、経営者、経営幹部、幹部候補を中心に700名以上の卒業実績を有するカスタマイト方式を採用しています。

カスタマイト方式ビジネススクール開催実績
開催時期:2002年7月~2017年12月
開催回数:全44回

■特徴 2

<自社のビジネステーマを持ち込み可能!>

カスタマイト方式のビジネススクールでは参加企業から「現実の」ビジネステーマを公募し、受講生による混成チーム(5~10名)を結成。グループワークによるビジネス戦略の構築を行います。過去のカスタマイト方式のビジネススクールでも、参加企業が持ち込んだ実在のビジネステーマによる戦略構築を行い、スクール終了後、社内で実施されるケースも出てきています。
※ビジネステーマは公募状況により採用されないケースがあります。

カスタマイト方式ビジネススクールでの戦略構築実績(業種別テーマ)※2016年12月時点

■特徴 3

<高度な分析力や創造性を持った愛知大学の選抜学生が参加!>

海外からの留学生を含む多様性に富んだ愛知大学生の参加によりグループワークの活性化が期待でき、確度の高い戦略の検討が可能です。

【愛知大学生との相乗効果が期待できるビジネステーマ例

✓ インバウンド消費に関するテーマ
✓ アウトバウンド(海外展開)に関するテーマ
✓ WEBサイトの効果的な活用に焦点を当てたテーマ
✓ 企業の採用活動(新卒・アルバイト・パート)に焦点を当てたテーマ …など

■内容詳細

対象者 ✓経営幹部・経営幹部候補
✓新規事業を模索している企業
✓愛知大学の学生の若い発想力や分析力を活用したい企業
✓マネジメント能力を養いたい社会人
✓適切な幹部育成を模索している企業
会場 愛知大学 名古屋キャンパス(名古屋駅より徒歩約10分)
 ※講義会場の詳細はお申込後にお知らせいたします。
定員 15名(社会人)
 ※基本は企業から派遣される方を対象といたします。
 ※ただし、3名様までは個人参加が可能です。
 ※社会人の他に愛知大学の大学生及び大学院生が参加します。
会費 お一人様 350,000円 + 消費税
概要 ビジネス実務において、即実践できる能力の養成に主眼を置き、以下の流れで実施します。
◎座学形式による知識の習得
◎実践形式による学んだ知識のアウトプット
当スクールの最終回には、各界からのゲストや派遣企業の責任者をお招きして、
「スクール内で構築した戦略書のプレゼンテーション」を受講生の集大成として、披露いたします。

 

■講座スケジュール

カリキュラム(基本形)
 -座学形式(講義)-   -実践形式(グループワーク)- 
1 オリエンテーション
~日本経済の現状把握と対策~
戦略テーマの公募方法の説明
グループワークについての説明
2 戦略構築概論
~実務で使える論理的な戦略とは?~
公募テーマのプレゼン
チーム分け投票
3 マーケティング理論 Ⅰ
~用語の定義とマーケティング実践の極意~
チームメンバー決定
戦略構築グループワーク
4 マーケティング理論 Ⅱ
~戦略におけるマーケティング実務~
戦略構築グループワーク
「現状分析」
5 データベースマーケティング Ⅰ
~概論と事例紹介~
戦略構築グループワーク
「現状分析」
6 データベースマーケティング Ⅱ
~ビジネス実務に使える統計学~
戦略構築グループワーク
「現状分析」
7 データベースマーケティング Ⅲ
~マーケティングのためのデータ活用~
戦略構築グループワーク
「目標設定」
8 小規模事業者の海外展開
~国際見本市を活用した事例から~
戦略構築グループワーク
「戦略・戦術の検討」
9 プレゼンテーション概論
~伝わるプレゼンの極意~
戦略構築グループワーク
「戦略・戦術の骨子構築」
10 プレゼンテーション実践 Ⅰ 戦略書の中間発表
11 財務概論 Ⅰ
~キャッシュフロー経営~
戦略構築グループワーク
「戦略・戦術の構築」
12 財務概論 Ⅱ
~損益分岐点売上分析とその検証~
戦略構築グループワーク
「戦略・戦術の構築」
13 財務概論 Ⅲ
~直接金融 (私募債) による資金調達~
戦略構築グループワーク
「戦略書ブラッシュアップ」
14 金融概論
~金融視点でビジネス界を考察する~
戦略構築グループワーク
「戦略書ブラッシュアップ」
15 プレゼンテーション実践 Ⅱ 戦略構築グループワーク
「最終発表会前の模擬プレゼン」
16 プレゼンテーション実践 Ⅲ 戦略書の最終発表会

※内容は講座の進捗度合に応じて変更になる場合があります。
※1回あたりの講座時間は120分です。

ページ上部へ戻る